Wednesday, June 19, 2013

Python Memo パイソンの学習メモ

 Python(パイソン)は、オランダ人のグイド・ヴァンロッサムによって開発されたオープンソースのオブジェクト指向スクリプト言語。イギリスのテレビ局 BBC が製作したコメディ番組『空飛ぶモンティ・パイソン』にちなんで名付けられた。Pythonという英単語は爬虫類のニシキヘビを意味し、Python言語のマスコットやアイコンとして使われることがある(wikipedia)。
Windows版はこちらから直接ダウンロードできます。
 Python Imaging Library (PIL)と併用すれば、画像処理のプログラムだって簡単に書けます。
以下のスクリプトでは、Fractal(フラクタル)画像を作成する例です。
#!/usr/bin/python
import Image, ImageDraw, math, colorsys
dimensions = (800, 800)
scale = 1.0/(dimensions[0]/3)
center = (2.2, 1.5)       # Use this for Mandelbrot set
#center = (1.5, 1.5)       # Use this for Julia set
iterate_max = 100
colors_max = 50
img = Image.new("RGB", dimensions)
d = ImageDraw.Draw(img)
# Calculate a tolerable palette
palette = [0] * colors_max
for i in xrange(colors_max):
    f = 1-abs((float(i)/colors_max-1)**15)
    r, g, b = colorsys.hsv_to_rgb(.66+f/3, 1-f/2, f)
    palette[i] = (int(r*255), int(g*255), int(b*255))
# Calculate the mandelbrot sequence for the point c with start value z
def iterate_mandelbrot(c, z = 0):
    for n in xrange(iterate_max + 1):
        z = z*z +c
        if abs(z) > 2:
            return n
    return None
# Draw our image
for y in xrange(dimensions[1]):
    for x in xrange(dimensions[0]):
        c = complex(x * scale - center[0], y * scale - center[1])
        n = iterate_mandelbrot(c)            # Use this for Mandelbrot set
        #n = iterate_mandelbrot(complex(0.3, 0.6), c)  # Use this for Julia set
        if n is None:
            v = 1
        else:
            v = n/100.0
        d.point((x, y), fill = palette[int(v * (colors_max-1))])
del d
img.save("result.png")
以下は上のスクリプトで作成されたMandelbrotとJuliaフラクタル画像です。
PythonとPILライブラリで作成したJuliaフラクタル
PythonとPILライブラリで作成したMandelbrotフラクタル

No comments:

Post a Comment