Monday, March 19, 2018

コーヒー功罪大全集:効用、カフェイン、ポリフェノール、依存症等

    Ethiopian ancestors of today's Oromo people were believed to have been the first to recognize the energizing effect of the coffee bean plant.
    エチオピアの先祖であるオロモ人は最初にコーヒーに精力向上効果を発見したとされています。

    Coffee consumption has been shown to have minimal or no impact, positive or negative, on cancer development.
    コーヒーの飲用による発がんあるいはその防止効果は認められていません。

    「胃癌、直腸癌、肝癌が減る」[7]という説もあるが、一般的には、良い影響も悪い影響もないとされています。因みに、効用がある根拠は「クロロゲン酸(chlorogenic acid)」成分があるからだそうです。これは、ポリフェノールの一種であるフェノール酸です。コーヒー豆のクロロゲン酸含有量(5%–10%)は実に一番知られているカフェイン(1%–2%) よりも多いです。日本人のポリフェノールの摂取は、よくいわれる赤ワインや赤紫色をした植物体の他に、コーヒーからもかなり多いそうです。因みに、お茶にあるポリフェノールは、フラボノイド類のカテキンです。ポリフェノールといっても、色々な種類があり、それぞれ違う効用があるようです[26]。

    意外にも、コーヒーの香りにも体にいい効果があるようです。その「善」成分はピラジンで、「鼻でかぐごとによって、精神を安定させてくれるとともに、脳の働きを活性化し、さらに血液の流れをサラサラにしてくれる」そうです[27]。

    カフェインの1日に摂取出来る上限量(つまりコーヒーの適量)は、大体300~350ml程度だと言われているのです。[11]では、「3-5cups」つまり3,5カップと定義しいます。因みにアメリカのメートル法では1「カップ」を240ミリリットルとされていますが、淹れた1カップ(cup)のコーヒーは6オンス(160ml)だそうです。

    最近R25[25]に、「コーヒーが胃を荒らす」という誤解を正す文章がありました。コーヒーに含まれるカフェインが胃液の分泌を促進する効用があります。だから、コーヒーを飲むとからなず胃が荒れるようになるではありません。食後のコーヒーはむしろ消化吸収の助けになります。「しかし、胃の中が空っぽの状態で胃液が分泌されると、胃の粘膜を傷める原因になってしまいます」

 参考文献[31]によると、コーヒーにある成分のクロロゲン酸は高齢者の認知機能改善効果があるらしいです。勿論関連研究は「ブラックボックス」的な認知機能テストによるもので、いわゆる原理から解明されてものではありません。

適度のコーヒー飲用による効果[25]

  • 集中力の向上
  • 記憶力の増強
  • 眼内圧力の増強
  • 心臓疾患リスクの低減
  • 体力の改善
  • 筋肉疲労回復の改善
  • 肝臓疾患リスクの低減
Effects of Moderate Faffeine Consumption
  • Increased attention
  • Increased memory performance
  • Increased intraocular pressure
  • Decreased risk of heart disease
  • Increased physical performance
  • Increased muscular recovery
  • Decreased risk of liver disease
    以上の効果はコーヒーの薬用効果によるものだと言われます[24]。

  • 平滑筋を弛緩させる
  • 大脳皮質に作用して精神機能、知覚機能を刺激する
  • 中枢神経に作用し、呼吸機能や運動機能を高める
  • 心臓の収縮力を高める
  • (低血圧を一時的に改善)
  • 腎臓に作用して利尿効果を促進する
  • 胃液分泌を促進し、消化を助ける
  • アセトアルデヒド(二日酔いの原因)の排泄を促進する
  • 脳内の血流を良くする

    他には、以下の疾患リスクを低減させるまたは抑制・予防する効果の可能性についても報告されています。
子宮内膜癌(Endometrial Cancer)[12]、糖尿病(Diabetes)[13],[19],[20]、うつ病(Depression,特に女性)[14]、脳卒中(Stroke,特に女性)[15]、前立腺ガン(Prostate Cancer)[16]、認知症(Dementia)[17]、アルツハイマー病(Alzheimer's disease; AD)、乳がん(Breast Cancer)[18]、大腸ガン(Colorectal Cancer)[21]
    注意しなければいけないのは、それぞれの研究報告はある特定の条件(被験者の特性分布、生活習性、食文化など)のもとで行われたことです。[20]は特にいい例です。カフェインは細胞による普通の血糖値(regular blood sugar)のコントロールに不利ですが、コーヒーに含まれるマグネシウムやクロロゲン酸、キニド(Quinides)等は血液中のグルコース(blood glucose、ブドウ糖)の改善に有利です。また、ある研究によると、カフェインはタイプ2糖尿病患者の血糖値を向上させる可能性があるそうです。それは、アドレナリン(Adrenaline,副腎から出るホルモン)とストレスホルモンの分泌促進効果によるものだそうです。
    しつこいですが、このようなテーマに関する研究は、ほぼすべて「状況判断」による手法を採用しています。定められた条件をなるべく持たした一定数のボランティア(被験者)を集めて、コーヒー飲用の状況と興味のある現象(大体病気)との関係を追跡・調査する。集計したデータの平均や分散などを分析し、コーヒーを飲んでいる(はずの)人と、そうではない人の差異を見付けて、「コーヒーを飲むと、XXXXに効くかもしれない」、あるいは「コーヒーを飲むと、XXXXを引き起こすかもしれない」という結論を導き出します。このような要因対照の研究手法は、コホート研究(cohort study)ともいわれます。
    ちょっとだけ考えてみればすぐ想像はつきますが、集めた被験者は、年齢、性別、身長、体重、健康状態(病気歴、怪我など)、精神状態、生活習慣(睡眠時間、就寝・起床時間、運動・活動状況、飲食習慣・嗜好等)、日常活動(仕事・家事のタイプ、内容、継続時間、休憩状況など)等々、あるとあらゆる面において、条件が違っています。その中で、コーヒーをよく飲んでいるか、あまり飲んでいないかなど曖昧な条件だけで、ある事象(病気)の状況と関連付けるのは、無理があり過ぎます。現に、互いに矛盾するような研究報告は山ほどあります。テレビや新聞で、ちょっと「コーヒーにはXXXの効果がある!」と言われても、簡単に鵜呑みしない方が無難です。

    以下はコーヒーに関する誤解だそうです[22]。但し、飲み方とタイミング、それから体調により、胃もたれの原因になるという説もあります。[23]
  • コーヒーは胃に悪い
  • コーヒーは便秘になる
  • コーヒーはお肌が荒れる
  • コーヒーは肝臓に負担が掛かる
  • コーヒーは子供に飲ませてはいけない
  • コーヒーは妊娠中はダブー
  • コーヒーは飲みすぎるとがんになる
  • アメリカンはお湯で薄めたコーヒー
  • ブルーマウンテンはコーヒーの王様
  • インスタントコーヒーはアメリカ人が生み出した

カテキンに関するする知識[3][4]

    カテキン (catechin) は、狭義には化学式C15H14O6で表される化合物であり、フラボノイドの1種である。分子量は 290.27。広義にはその誘導体となる一連のポリフェノールも含み、この意味での使用例の方が多い。広義のカテキンは茶の渋み成分である。これらは酸化によって重合しタンニンとなる。広義にはその誘導体となる一連のポリフェノールも含み、この意味での使用例の方が多い。広義のカテキンは茶の渋み成分である。これらは酸化によって重合しタンニンとなる。[4]
    カテキン類とは、茶葉に含まれているフラボン骨格を有するポリフェノールのことで8種類あります。その内訳としては4種類の主要カテキン類であるエピガロカテキンガレート、エピガロカテキン、エピカテキンガレート、エピカテキン、と4種類の微量カテキン類であるカテキン、ガロカテキン、カテキンガレート、ガロカテキンガレートがあります。緑茶においては、これらカテキン類の中でエピガロカテキンガレートの含有量が最も多く、全体の50~60%を占めています。
    これらのカテキン類は、ガレート基の付いているカテキン類であるガレート型カテキン類とガレート基の付いていないカテキン類である遊離型カテキン類とに分類することができます。ガレート型カテキン類はエピガロカテキンガレ
ート(EGCg)、エピカテキンガレート(ECg)、カテキンガレート(Cg)、ガロカテキンガレート(GCg)が該当し、遊離型カテキン類はエピガロカテキン(EGC)、エピカテキン(EC)、カテキン(C)、ガロカテキン(GC)が該当します。
ガレート型カテキン類は、強い苦味と瞬間的で刺激的な渋味があり、味の強度も遊離型カテキン類よりも数倍強いですが、遊離型カテキン類は渋味が弱く温和な苦味があって、後味が甘味となるという特徴があります。
因みに、フランスとスペインでは、ある緑茶抽出成分の製造は禁止されました。その原因は10万人に一人の確率(イチゴとナッツ・アレルギーよりも低い!)で、副作用があり、ごく稀には肝臓移植まで用されるケースもあるそうです。但し、この副作用も、緑茶から抽出した高度の水性アルコール成分に限るそうです。通常の緑茶の飲用では、同副作用は見られていません。

コーヒーに関する豆知識[1],[2],[28]

Ethiopian shepherds first noticed the effects of caffeine when they saw their goats appearing to become frisky and "dance" after eating coffee berries.
    エチオピアの羊飼いたちは、コーヒーの実を食べたヤギたちがはしゃぎまわって踊るのを見て初めてカフェインの効果に気付いたと言われています。

Originally, coffee was eaten. African tribes mixed coffee berries with fat which formed edible energy balls!
    当初はコーヒーは飲み物ではなく食べ物でした。アフリカの部族はコーヒーの実を脂肪と混ぜた「エナジーボール」を作って食べていたそうです。

The rise of isam contributed greatly to the popularity of coffee. The religion prohibited drinking alcohol, but coffee was considered and acceptable drink.
    イスラム教の登場がコーヒーの普及に大きく貢献しました。イスラムの教えは飲酒を禁止しましたが、コーヒーは容認されていたためです。

All coffee in the world grows in the "Bean Belt" (The "bean belt" is the area between the Tropics of Cancer and Capricorn). Hawaii is the only state in the US that grows coffee.
    世界のすべてのコーヒーは北回帰線と南回帰線の間の「ビーン・ベルト」で生産されています。アメリカではコーヒーが育つのはハワイ州のみとのこと。日本では北回帰線が通るのは南鳥島と沖ノ鳥島の間なので、コーヒーは当然輸入に頼っています。

In 1675, the King of England banned coffee houses, claiming they were places where people met to conspire against him.
    1675年にイングランド王(チャールズ2世)は「謀反を企てる人々が集まる場所」としてコーヒー・ハウスを禁止しました。

70% of the world consumes Arabica coffee, which is mild and aromatic. The remaining 30% drinks Robusta, which is more bitter-tasting but has 50% more caffeine than Arabaica.
    世界で消費されるコーヒーの70%はマイルドで香り豊かな「アラビカ種」、残り30%はアラビカ種より苦くカフェイン含有量が1.5倍の「ロブスタ種」です。

Coffee grows on trees. They can grow to be up to 30 feet tall, but aer cultivated to be around 10 feet (3meters) tall for easy-picking.
コーヒーの木は放っておくと30フィート(約9m)の高さにまで育つのですが、収穫しやすいよう10フィート(3m)程度の高さに栽培されています。

The bean is actually a seed inside of a bright red berry.
    コーヒーの「豆」は実際には赤いベリーの果肉に包まれた「種」の部分です。

Coffee is the 2nd most traded commodity on earth. (Oil is the first)
    コーヒーは世界で2番目に多く取引される貿易財です。ちなみに1番は石油。

Coffee Berries are picked, dried, and stripped down until all that's left is a green bean.
    収穫されたコーヒーの赤い実は乾燥し、むき、緑の豆(種)だけの状態にします。

Once shipped, the beans are roasted at around 500F(260C). After a few minutes, the bean will "pop" and double in size. A few minutes after than, the bean will "pop" once more. The 2nd pop means the bean is done.
    この緑の豆の状態で輸送されたコーヒーは華氏500度(摂氏260度)でローストされ、数分後にポップコーンのようにポンとはじけ、2倍くらいの大きさになります。それからさらに数分後にもう一度はじけたら、お店で売っている「コーヒー豆」の状態になるというわけです。

A belgian man living in Guatemala by the name George Washington invented it in 1906.
    インスタントコーヒーは1906年にジョージ・ワシントンという名のグアテマラ在住のベルギー人によって発明されたそうです。

Espresso is not a paricular type of bean, roast, or blend. It is just a way that coffee is prepared: shooting pressurized, hot water through finely ground coffee.
    「エスプレッソ」は特定の豆の種類やロースト、ブレンドの名ではなく、「細かくひいた豆に加圧した熱湯を通す」というコーヒーのいれ方の名です。

Americano comes from America GIs during WWII. They would order espresso with water to dilute the strong flavor. Furthermore, the term "cup of joe" comes from American serivceman (GI Joes) in WWII being seen as big coffee drinkers.
    エスプレッソを薄めた「アメリカーノ」は、第二次世界大戦中にヨーロッパの濃いコーヒーを飲み慣れない米軍兵士たちが頼んだのが始まり。1杯のコーヒーを「cup of joe」という表現もG.I.ジョーのような米軍兵士はコーヒーをがぶ飲みするという第二次世界大戦中に定着したイメージが由来とのこと。

How caffeine works: In one's brain there is somethnig called Adenosine and it only wants to hang out with certain receptors. When these two get together, one gets drowsy. When Caffeine shows up, it attaches the receptors so that Adenosine cannot. One's pitultary gland sees this and thinks there is an emergency, so it tells the adrenal glands to produce adrenaline. In addition, caffeine bumps up one's dopamine levels, which results in a caffeine high.
    カフェインが「効く」仕組みを解説。脳の中に住むアデノシンは特定のレセプター(受容体)としか付き合わないのですが、このアデノシンとアデノシンレセプターがくっつくと人間は眠くなります。しかしそこへカフェインが現れると、「あんなつまんないやつのこと忘れろよ」とそそのかされたレセプターは「あいつのことなんかもともと好きじゃなかったし」と言ってアデノシンを見捨てカフェインとくっつき、アデノシンは独りぼっちに……。これに気付いた下垂体は「非常事態だ!」と勘違いし、副腎髄質に「アドレナリン出せ、どんどん出せ」と指令を出します。ついでにドーパミン濃度も上がるようです。その結果訪れるのが「カフェイン・ハイ」というわけ。

    コーヒーが日本に初めて入ってきたのは、江戸時代の1716年、8代将軍吉宗が享保の改革を行った年です。

実体験

    人に言われても納得しない場合が多いですが、コーヒーを愛飲している人としては、以下のことについては確認済みです。他の「効果」については、これっと言った指標がないので、何とも言えません。ましてアルツハイマーや痴ほう症などはなってみないと、それが通常より遅いほうか早いほうかも言えないし、そもそもなったら、そんなことを考える能力もなくなっているでしょう:(。
  • 心拍数が上がる
  • トイレ(小)に行く回数が増える
  • 眠気が覚める。但し、疲労が深刻な場合、逆にボウとしてしまう気がする
ニュースよりピックアップ
コーヒーを1日6杯飲めば「前立腺がん」「子宮がん」のリスクが低下することが判明!- 秒刊SUNDAY(2012年10月15日11時52分)
 最近の研究結果によると、117000人のボランティアを対象に研究を行った結果、毎日コーヒーを4~6杯飲む方は飲まない方に比べ、25%の子宮がんのリスクを抑え、更に18%の前立腺がんのリスクを抑えたという。さらに糖尿病、胆石、大腸癌、さらにパーキンソン病のリスクもカット。驚くべき内容が発表された。
... ...
 一方で砂糖やクリープ等を多用することで効果を相殺してしまう恐れもある。
2012年10月24日Yahoo!News(ソース
コーヒーではありませんが、その兄弟・姉妹飲料といっていいほどの緑茶(Green Tea)に関する研究です。ニュースのタイトルは「Green tea drinkers show lower cancer risks」(緑茶飲用者の発ガンが低い)です。 69000人の中国系の人を対象に、緑茶の常飲者と非飲用者の比較で、11年にわたって追跡調査を行ったそうです。20年以上の緑茶常飲者は非飲用者より消化系の発がん率は27%少ない結果が得られました。とりわけ結直腸癌・大腸癌の発がん率は29%少ないです。
 ただし、同緑茶飲用者は比較的に若くて、果物や野菜も多く摂取し、運動も多くて、収入も高いそうです。研究者はそのような要素をなるべく差し引いてデータを調整したうえで再度比較をしました。結論はやはり飲用者の方は発がん率が低いそうです。
 ただし(またですが)、同研究者でも、それで素直に「緑茶飲用者=発がん率低い」という因果関係を導けたと言えないとはっきり言いました。さらに、カフェイン(悪者扱いになっている!)とビタミンK(使用中の薬への影響)の効果も考慮すべきだと強調しました。

コーヒーでダイエット? 3名の研究家が試験結果を発表 2013年9月12日のニュース)
『第17回 コーヒーサイエンスセミナー2013』で配布された、社団法人全日本コーヒー協会の小冊子には、以下のような内容が紹介されていた。いかはその一部である。
 ■コーヒーのダイエット力
 ・太りやすい人は自律神経の働きが弱い
 ・コーヒーが自律神経の働きを促進するのに役立つ
 ・カフェイン入り、カフェインレスとも、
  顕著に脂質代謝を亢進することが認められた

 ■コーヒータイムをダイエットに活かすポイント
 1:空腹時に香りを楽しむ
 2:寝る前には飲まない
 3:食後のコーヒーは、それ以後には間食はしないというサイン
 4:コーヒーを飲んでから運動する

 朝日新聞デジタル 5月7日(木)11時31分配信の、コーヒーや緑茶、1日数杯で長寿効果 19年間追跡調査という記事がありました。他の要因は同かは全く見えない(一応「調整」したよう)が、コーヒーや緑茶を日常的に飲むと、統計的に確かに死亡率は低くなるように見えます。
 コーヒーや緑茶を日常的によく飲んでいる人は、そうでない人に比べて死亡するリスクが低いとする調査結果を、国立がん研究センターなどの研究チームがまとめた。コーヒーに含まれるポリフェノール、緑茶に含まれるカテキンが血圧を下げ、両方に含まれるカフェインが血管や呼吸器の働きをよくしている可能性があるという。
 全国に住む40~69歳の男女約9万人に対し、コーヒーや緑茶を1日どれくらい飲むかを、ほかの生活習慣などと合わせて質問し、経過を約19年間追った。この間に約1万3千人が亡くなっていた。
 コーヒーや緑茶をよく飲む人は死亡率が低く、コーヒーを1日に3~4杯飲む人ではほとんど飲まない人に比べて、死亡リスクが24%低かった。緑茶は1日1杯未満の人に比べ、1日5杯以上飲む男性で死亡リスクが13%、女性で17%低かった。どちらも、死亡のリスクにかかわる年齢や運動習慣などは影響しないように統計学的に調整した。



   参考リンク
[1]コーヒーについて知っておいて損はない15の豆知識
[2]15 Things Worth Knowing About Coffee - The Oatmeal
[3]ガレート型カテキン
[4]カテキン-wikipedia定義
[5]Green Tea Extract Banned In France And Spain
[6]Weight Lifting and Post Exercise Muscle Recovery
[7]胃癌、直腸癌、肝癌が減るんです! コーヒーで日本人のガン予防!
[8]カフェイン辞典
[9]カフェインの効果ナビ
[10]Coffee & Health
[11]Moderate Coffee Drinking Reduces Many Risks, Panel Says (science daily)
[12]Coffee May Protect Against Endometrial Cancer, Study Suggests
[13]New Evidence That Drinking Coffee May Reduce the Risk of Diabetes
[14]Increased Caffeinated Coffee Consumption Associated With Decreased Risk of Depression in Women, Study Finds
[15]Coffee Drinking Linked to Reduced Stroke Risk in Women
[16]Coffee May Reduce Risk of Lethal Prostate Cancer in Men
[17]Midlife Coffee And Tea Drinking May Protect Against Late-Life Dementia
[18]Coffee Reduces Breast Cancer Risk, Study Suggests
[19]Why Coffee May Reduce Diabetes Risk-Chinese Researchers Zero in on Coffee Substances That May Explain the Benefit
[20]Coffee Reduce Risk of Type 2 Diabetes, But Bad For Diabetics
[21]コーヒーと健康(全日本コーヒー協会)
[22]「胃に悪い」「お肌に悪い」?-コーヒー七つの誤解を解く
[23]胃もたれサイト。同コーヒーによる胃もたれ
[24]珈琲の効用(効能)と害について
[25]Coffee - Wikipedia, the free encyclopedia
[26]ポリフェノール - Wikipedia
[27]ピラジンによるアロマの効果
[28]コーヒーの雑学
[29]食後のコーヒーは胃に優しい?
[30] Six cups of coffee a day 'cuts risk of both womb and prostate cancer'(コーヒーを1日6杯飲めば「前立腺がん」「子宮がん」のリスクが低下する)
[31] コーヒー生豆に含まれるクロロゲン酸 高齢者の認知機能改善 米沢栄養大の加藤准教授ら実証

No comments:

Post a Comment